名護市ホームページ
トップ|アクセス|歴史|人々|自然|行事|生活環境|基地との交流|久辺地区のまちづくり|辺野古のまちづくり構想|リンク
辺野古の人々
 平成18年の辺野古区の世帯数、人口は922世帯、1,799人となっており、昭和40年をピークに減少しています。
 また、辺野古のまちの姿は1960年代のまま、時が止まった感があります。しかしその分、私達の地域の人々のつながりは、当時のままの熱いものがあります。
 わたしたちのモットーは「ヒヌク・クンジョウ」(他人の力を借りず、自分の力で生きていく!)です。

辺野古区民は昔から、

(1)困っている時、他人が物を貸したり与えようとしても、頑として受けない。
(2)人の恩を受けない。
(3)度胸があって腕力も強い。
(4)他人に物を与えるのを惜しまない。
(5)他人が困っている時、自分がなくても与える。

という個性的な気質を持ち続けています。

辺野古区章
図案:金城美紀(東)高校生

は、平和の象徴である「はと」と飛躍を表し、は、辺野古区とHENOKOの頭文字「H」で、
国際的発展を目指す。
(「赤」は陽気さと、情熱、緑は自然と平和、黄金は豊かさと愛情を表す)

 

▲ページトップ