名護市ホームページ
トップ|アクセス|歴史|人々|自然|行事|生活環境|基地との交流|久辺地区のまちづくり|辺野古のまちづくり構想|リンク
辺野古の歴史
昭和23年頃の辺野古集落
辺野古は那覇より67km、名護市街地から南東へ12kmの沖縄本島東海岸に位置する総面積10.83k�の村落です。
戦後間もない昭和23年頃には戦前の集落形態に復興し、140世帯、634人の、海辺ののどかな農村集落でした。

基地内の全景

農村であった辺野古は、基地という経済基盤の元に地域開発を進めるために、有志会では軍用地契約に踏み切り、昭和32年に基地建設が着手されました。

 
基地のゲート   基地内のビーチ
 

アップル少佐

基地建設の着工を機に新しいまちづくりの機運が高まり、昭和33年に上集落のまちづくりがスタートしました。このまちづくりにおいて多大な協力をしてくれたアップル少佐に因んで町名が「アップル町」と命名されました。その後、この開発によりまちは急成長し昭和40年には309世帯、2,139人の規模となりました。

▲ページトップ